【AFYF】[STEWART SCHNEIDER JR シグネーチャー モデル] コンビアイテム ZIP SHIRT×袴PANT
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/23

【AFYF】[STEWART SCHNEIDER JR シグネーチャー モデル] コンビアイテム ZIP SHIRT×袴PANT

¥25,542 税込

送料についてはこちら

  • (A)TYPE-BLACK/BLACK

    残り2点

  • (B)TYPE-GRAY CHECK/BLACK

    残り2点

  • (C)TYPE-CHACO CHECK/BLACK

    残り2点

🎃 デザイナー"MGO社長くん"コメント 【"MGO"プロダクト】 AFYF [STEWART SCHNEIDER JRシグネーチャー モデル] コンビアイテム ZIP SHIRT × 袴PANT 【"MGO"テーマ】 3人のJAZZマンをモチーフとした架空のストーリー 3人のシグネーチャーモデルをMGO社長くんが創作してコンビアイテムに完成させた。 テーマは OH!! JAZZ TRIO play for “Icon of Liberty” それは楽器を持って世界へ旅立った3人の物語  架空の3人が登場するんだけど....    動物なのか、人間なのか、ちょっと不思議なキャラクターになってるんだよね      パープルヘアーの謎のトランペッターとか    クチバシのついてる渋いドラマーとか🐧 カメレオンベーシスト!?とか      こんなメンバー↓    【MICHELLE君】  ボルサリーノハットを深くかぶり、まるで大きなため息をつくようにブロウする...飛翔の翼を持つ謎多きトランペッター  【STEWARTさん】  母なる大地アフリカでエナジー注入されハイパーな肉体とビートを手に入れた。奴の4ビートは波動となって地平線の先まで刺さるんだ。  【JOSH君】  3年の兵役を終え、人生の自由を求め放浪の末、この国にたどり着いた。  爬虫類が地を這うように動的で複雑なラインをアグレッシブに描き出すスピリチュアルベーシスト。 こんなストーリー   ↓ 俺たちが追い求めるのは...永遠の自由なんだ.... 俺たちに人種、言語、文化、階級、なんて一切関係ないんだ  なぜか、俺たちはコロナの影響でこの地で足止め食らってしまったんだ でもこの地で足止め食らったことで、運命的出会いがあったんだ やっぱり自由の女神こそが俺たちのチャームだったんだね..... 「ICON OF LIBERTY」  俺たち3人はジャズができればそれだけで幸せなんだ🎺🥁🎹 だから、もう一度昔みたいな、みんなが集まる時間をおくれよ 自由な時間よ....早く戻ってきておくれよ.....    今日は125番街もちょっとだけ寒い風が吹いたんだ..... だからね....   遠くない将来に    一夜だけでも    そんな自由な時間を    許して欲しいんだ.....      アイツがスネアをこすり アイツが弦を弾き    パーカッション持ったやつが飛び入りしたり、  ストリートダンサーも飛び入りしたり   みんなが自然に集まり    朝まで自由にスイングするんだ   もう無理かな?  OH!! JAZZ TRIO   今日もまた夢の中で    自由の風が吹き  自由な時間に 自由なセッションが始まる   俺たちはそんな日常を待ち望んでいるんだ      俺たちに天の御加護がありますように.....     こんなストーリーで3人のジャズマンをイメージしたコンビアイテム(セットアップ)をリリース 【STEWART SCHNEIDER JR シグネーチャーモデル】(コンビアイテム) 【"MGO"デザインコンセプトとストーリー】 聖なる大地 アフリカのアティテュード OH!! JAZZ TRIOのドラマー 「STEWART SHNEIDER JR」のシグネーチャーモデル 「ZIP シャツ」と「袴PANT」のコンビアイテムに仕上げた スチュワートは幼少期、 躾の厳しいカトリック系の小学校に通い音楽を学んだ ベルリン在住のドラマー/パーカッショニスト 小学生の時、すでに数々のマーチングバンドに参加し 国際大会でも太鼓を叩き その筋では誰もが注目するスーパー小学生的存在だったんだ。 その後、 彼はドイツで人気のあるシュタイナースタイルの学校に進学したことでその音楽性が方向転換しジャズの道を歩むことになったんだ。 シュタイナースタイルとは オーストリアの哲学者「ルドルフ・シュタイナー」が 考案した 生徒の人間性を理解し 潜在能力を最大限引き出す 「身体/肉体」「心/魂」「精神」 素地となる人間性を豊かにし 「自由な自己決定を行うことができる」 今注目の新しいスタイルのプログラムを有する学校なんだ。 スチュワートは名門校に通う小学校時代に 鬼教師にドラムの基礎をビッチリ叩き込まれた。 そのスチュワートがジャズに目覚めたのは、 実はシュタイナーの学校に進学してからなんだ! 入学式の終わった初日の午後、 最初のクラスが割り当てられ、 緊張感あふれるなか 席が隣り合わせになったのが トルコ系移民の男の子イルファン.... そのイルファンとの出会いにより スチュワートは人生最初の転期を迎える ある日、 授業が終わり校門をくぐりプラプラ下校している時.... 友達になったイルファンが駆け寄ってきたんだ 🐭「スチュ....今日さ....俺の家に遊びに来ない.....」 🐧「エッ」 🐭「飯食わせてやるよ ママが作ってくれるから....」 🤔スチュワートはちょっとだけ考えてから..... 🐧「う〜ん OK 行くよ」 僕は、イルファンが誘ってくれたのは嬉しかったけど、 移民の多いエリアに行くのがちょっと怖かったんだ イルファンはいい子だけど、ちょっと不安だったんだ でもね、イルファンの家ってバスに乗って行くんだけど そのバスはブランドショップの立ち並ぶ華やかな通りを抜け 環状線を超えベルリン郊外へと進んで行くんだ。 5〜6階建ての集合住宅が多く集まるエリアを抜けると 2〜3階建ての一軒家が連なる静かな住宅地へと進んで行くんだ 徐々に大きな一軒家が増えてきて、 そこを通り抜けると、えっ〜って思うような 湖が目の前に広がるんだ そこがバスの終点 僕が想像していた世界と全然違う ベルリンの市街地の雑踏とは明らかに違う 実はここはベルリンでも有数の レイクタウン高級住宅地らしいんだ 僕はある意味、当初想像していたのとは逆な意味で 恐る恐るイルファンに聞いてみた 🐧「ここにイルファンの家あるの?」 🐭「そうだよ」 🐧「いつもここから通っているの?」 🐭「そうだよ」 淡々と答えるイルファン そんな束の間の会話の後 大きな庭のある白い一軒家にたどり着いた 赤い花が咲き乱れる風通しの良さそうな豪邸だ ここがイルファンの家なんだって アイアンロートのゲートを潜り、 開放感ある大きなウッドドアをさらに潜ると イルファンは大きな声で 「ママ〜 ママ〜 」 すると、 ジーンズ姿にこなれた感じの白シャツをパサっと羽織った イルファンママが僕を出迎えてくれた イルファンママは明かるい笑みで 「ハーイ....スチュ....待っていたのよ....」 まるで昔から僕のこと知っているかのようにフレンドリーな空気感 イルファンママはとっても美人 黒いロングのカーリーヘアーがエキゾチックな雰囲気を醸し出し まるでファッションモデルのようなんだ そそくさ靴を脱ぎ捨て一気に階段の途中まで上がったイルファンは ママに見とれている僕をせかすように 螺旋階段の手すりにもたれながら、 いたずらっ子さながらのアイコンタクトで 「早く来いよ 俺の部屋...コッチだよ〜」 って言いたげに手招きしてる 我に返った僕は、言われるがままにイルファンに手を引かれ部屋に入った 眩しいほどに太陽の光が差し込み 理路整然としたイルファンのその部屋は、 学校で遊んでいる時の やんちゃなイルファンからはどうしても想像がつかない、 このシチュエーションにあっけにとられている間に..... イルファンはすでに窓際にあるベットに腰掛け、 女の子をエスコートするかのように手慣れた雰囲気で 「俺の横に早く座れ.....指定席だぞ!」と言わんばかりに 指定した場所に目線を投げ、手の平でベッドマットを 「ポンポン」と2回叩いた 僕はイルファンの言われるがままベッドに腰をかけたものの..... なんか落ち着かないんだ.... そしてそこには、イルファンに他人行儀な振る舞いをしようとする僕がいる ナーバスな僕の様子を察してか、 イルファンはいたずらな仕草で下から僕の顔を覗き込んでくる 🐭「どうしたの ケケケ(笑)」 🐧「ウンウン」 僕の様子が普段と違うから イルファンはそれがおかしいいみたいで 「ケケケ」って笑ってる 何度も何度も下から覗き込んでくるから、 僕はより一層恥ずかしくなって..... すると扉の外から 「イル....ドア開けて〜」 イルファンママの声が聞こえたてきた イルファンがドアを開けると、 トレーに熱〜いチャイを乗せたママさんが立っている 「チャイいれたよ.....」 明るい振る舞いをするママさんに イルファンは 「ハイハイ」って そっけない返事でそのトレーを受け取る ママさんのトルコ流ウェルカムスタイルを粋に感じながら トレーから「チャイ」を手に取ったが 「熱っ...」 猫舌の僕には、想像を絶する熱さだ フーフーしながら飲んでいると、 イルファンはまたも「ケケケ」って笑ってる イルファンママも明るい笑顔で笑ってる 何をとっても、 今日は僕にとってアウェイな環境だ サッカーW杯に例えると  ドイツ対トルコ 今日のボールの支配率は 20:80って感じだよ イルファンってこんなに育ちのいい家の子だったんだ??? そんな思いにふけていると イルファンが急に何か思い出したかのように、 せわしなく勉強机の引き出しを開けて ガサガサ何かを探し始めた そして一つのカセットテープを見つけ出すと.... カセットテープに書いてあるタイトルを 彼の18番、いっつものお決まりドヤ顔で僕に見せるんだ 僕にはよくわからないそのタイトルのカセットテープを イルファンは勉強机の上に置いてある特別大きなスピーカが付いたラジカセにセットした そして力強くカチャッと▶︎ボタンを押す...... パッパー🎶🎺🎵 パララパララ🎶🎷🎵 パッパージャンジャン🥁🎶🎵  パッパー🎶🎺🎵 シャカシャカ🎶🥁🎵 パッパージャンジャン🎶🥁🎵 その特別大きなスピーカーからは 今まで僕が聴いたことのない、 シャーンシャーンしたシンバルの金属音が拡散し その合間を縫って 乾いたスネアの音が耳に飛び込んでくる さらにそこに パンパンに膨らんだエナジー感溢れるトランペットが僕のハートにグイグイ押し迫り その背後にはウッドベースがとぐろを巻いた蛇が目を覚ましたように 床を這い、ブレークしたその瞬間一気にせり上がってくるんだ ピアニストは時にはその情緒が間を埋め、 時には壊れたごとく残酷な質感を持ったコードを連続的に押し付けてくる 今まで聞いたことのないエナジー全開の音楽 あっけにとられていると イルファンはまた僕の横に腰を下ろし、さっきと同じ目線で下から僕を覗き込み 「この音楽知ってる?」 って聞いてくる 🐧「知らないよ......初めて聴いた」 🐭「どうよ....?」 🐧「なんか、すごい...すごい..... エネルギーがダイレクトに飛んでくる」 🐭「だろ!! 」  「これがアメリカのジャズだ!!」 🐧「イルファンっていつもこんな音楽聞いてんの?」 🐭「まあね... これは全部パパのレコードから録音したんだ!!」 聞くところによると、 イルファンのパパはトルコにいた時「水球」の選手をしていて、 オリンピックのトルコ代表に選ばれるほどの腕前だったんだ だから国際試合で頻繁にアメリカに行くパパみたいで、 その時にレコードたくさん買ってくるんだって 今は、世界を渡り歩くビジネスマンで 確かに家の壁いたるところに飾られた家族の写真に 粋でジェントリーなお父さん像を垣間見ることがでる。 だからイルファンの家では いっつもジャズが流れていて..... イルファンは子供の時からジャズ聴いて育ったんだ 🐧「へえ....これがジャズなんだ.....」 🐭「だってスチュ 鼓笛隊で太鼓やってんじゃん.... だったらやっぱジャズでしょ!?」 🐧「すごいよ、このドラム...... 僕の太鼓の音と全然音が違うしスタイルが全く違うよ」 🐭「だろ?」 スチュとの出会いから僕はその後、完全にジャズに目覚めた 在学中にありとあらゆるジャズを漁るように聴きまくった そして練習、また練習 ジャズの沼にどっぷりハマっちゃったんだ でもね、 なぜか、クラスが変わったのを境に イルファンとは接することが少なくなって.... その時には、 すでに僕はジャズをやってる「先輩」や「別の学区にいる上手なミュージシャンの卵たち」と連むようになっていったんだ その後 僕は学校を卒業し ジャズの真髄「アメリカ合衆国」に渡り、 ジャズの真髄「ブラックカルチャー」に傾倒していき 色々な人と出会い、色々な人と演奏してきたんだ さらに、「ブラックカルチャー」のルーツを求め アフリカに渡りたくさんの「リズム」を感じる為 長い時間をかけて旅したんだ アフリカの現風化の真ん中でアフリカの大地と呼応するよに太鼓を叩いて旅してきた そして今ココで、MICHELLとJOSHと出会い OH!! JAZZ TRIOを組んだんだ 【MGOエピソード🎃】 STEWARTに初めて会った時、彼がドイツ人だととても思えなかった。 国籍不詳なのである。 すらっと長く伸びたアスリートを思わせるような手足 褐色に焼けた肌 地平線まで一対となる大地、大気、光、波動 それこそ彼が体感してきたワンワールドアフリカであり 自然と呼応する「対話の波動」なのである。 キックは大地の鼓動であり スネアは大気に放出されるプラズマである もっとも繊細に空間を支配するものこそ大気であり シンバルが物語るものは、そこに流れる空気であり自然との対話である 無言にして圧倒的意思疎通感を有するスチュのプレイは アフリカの再現であり アフリカに存在する全てを、音(波動)で表現できるのである。 彼の世界には静と動が移ろうことで生まれる宇宙エネルギーがある 夕はサバンナに沈む灼熱の太陽が生み出すサディスティックなまでの「熱エネルギー」 夜はすべての音を飲み込み、静かながら光を発する月のような慈悲的「吸引エネルギー」 ポジティブとネガティブが交錯する気の運動量に生まれるメッセージは 暗闇のはるか向こうに生きる動物たちにも波動となって到達する生命感がある。 ここまで達観したドラマーは見たことない、この物静かなリズムフェチが生み出す音は圧倒的信頼感がある。 奴はシンプルなTHE MANだ スチュは素肌にシャツを着ればいいんだ それでいいんだ 彼のアティテュードをパッチにして添えてあげよう 背中に一筋のパイピングを添えてアフリカを象徴する地平線にしよう これがMGOが彼に贈る「STEWARTSHNEIDER JR」シグネーチャーモデルだ コンビネーションアイテムです。 TYPE (A) (B) (C) からお好きなカラー(柄)を選んでください。 (A)TYPE → BLACK/BLACK (B)TYPE→ GRAY CHECK/BLACK (C)TYPE→ CHACO CHECK/BLACK サイズはFREEサイズなっています。 【AFYFとは】 "rovtski"ブランドの新レーベル"AFYF"は2018年に私 "MGO"が「新たな時代に向け、新しい価値を創造する」とマニフェストしレーベル設立しました。 それは一人のデザイナーの世界観を2極化する新たな実験 "MGO"のイノセントな空気をアート創作した「静の"rovtski"」 "MGO"のアグレッシブなアティテュードを創作した「動の"AFYF"」 "MGO"は人間の相反する2面性欲求を肯定的に表現し、現実を受け入れアグレッシブにプレジャーする..... 「自己愛としての服」「自己表現としての服」 2020年代は色々な生き方がある、選択は自由だ! 新しい時代の価値は「新しいフィロソフィー」「新しいメンタリティー」から生まれる。 "AFYF"は新しい時代を創造する"rovtski"の新たな実験場だ 【別のフルコーデセットこちら】 【AFYF】[自由の女神コンビアイテム] HOOD TRILINGUAL SHIRT×袴PANT https://rovtski.net/items/614488cdc12096231f089983 【AFYF】[JOSH RONWOOD シグネーチャー モデル] コンビアイテム LONG SHIRT DOT RING×袴PANT https://rovtski.net/items/6144970951244e4e0dc49300 【AFYF】[JOSH RONWOOD シグネーチャー モデル] コンビアイテム LONG SHIRT DOT RING×TAPERED PANT https://rovtski.net/items/61449cd6e1fb4c7bac0c9695 【AFYF】[STEWARTSCHNEIDER JR シグネーチャー モデル] コンビアイテム ZIP SHIRT×TAPERED PANT https://rovtski.net/items/6144a11bedf49f28a6f62a9c 【AFYF】[MICHELL DE MARTINI シグネーチャー モデル] コンビアイテム V ZIP SHIRT×袴PANT https://rovtski.net/items/614494b851244e7f8ac48e1f 【AFYF】[MICHELL DE MARTINI シグネーチャー モデル] コンビアイテム V ZIP SHIRT×TAPERED PANT https://rovtski.net/items/61449ee3306ad31223cb7fd9 【サイズ・マテリアル】 1. ZIP SHIRT FREEサイズ [身幅]76cm [肩幅]82cm [着丈]77cm [袖丈]49cm 【主原材料 マテリアル】 BLACK ポリエステル95% レーヨン5% GRY CHECK ポリエステル80% レーヨン20% CHAC CHECK ポリエステル80% レーヨン20% 2. HAKAMA PANT FREEサイズ [ウエスト] 100cm [ヒップ] 123cm [股上] 49cm [股下] 43cm [裾幅] 81cm 【主原材料 マテリアル】 ポリエステル80% レーヨン20%