{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/27

【AFYF】VANDALISM LOOSE PARKA [#92 CODGRN]

¥24,200 税込

送料についてはこちら

【"MGO"プロダクト】 AFYF VANDALISM LOOSE PARKA 「全アイテムを見たい!!」って方はコチラね♪ __https://rovtski.net/?all_items=true 【"MGO"デザインアイテム】 -デジタルライフと調和するルーズフィットマウンテンパーカー- 📱👩‍💻🧑‍💻🏙 デジタルライフと調和するウェアーってどんな質感なんだろう.... スマホ毎日使う割には、デジタルライフに相性のいい服ってないよね だからトラッドウェアーとは逆のポジショニングを目指して 固定概念から脱却したウェアーを作ってみました! 「クリーン素材」「リラックスフィット」に着眼し現代的な解釈によりディティールを再構築したマウンテンパーカーなんです。 タイトな質感から解放され「電子デバイス(スマホ)」をバリバリ使うデイリーユースを前提にアーバンライフなスペックになっています。 やっぱり現代人はどこ行ってもスマホはバリバリ使うじゃないですか... だからウェアーは間違えなくリラックスフィットがいいですよ! 日常でスマホカメラを使っていると、「ミラーを利用した自撮り」など、「ウェア」と「デバイス」が調和した写真を撮りたくなりませんか.... だから今回は「アイフォン」などに代表される「電子デバイス」のマテリアル感と調和するイメージを前提に現代的なクリーン素材を厳選しました。 インスタグラマーじゃなくてもちょっぴり絵になるメモリアルな写真撮りたいですよね.... リラックス感がありながら洗練された素材によりクリーンな質感に仕上げ、トラッドとは違った観点であなたのアーバンライフを充実させます。 -リラックスできるルーズフィットマウンテンパーカー- 🐿🌲🌳☕️🐰 アーバンライフをそのままに森の中にあるカフェに飛び込もう.... スマホ片手にクリーンスタイルのままちょっとだけリラックスモーメント チルな気分で休日は自由気ままにスナップショット!! 先週、軽井沢に家族と旅行に行きましたが、今まではストリートライクなウェアーを着ることが多かったのですが、今回は結局リラックスフィットなクリーンファッションばっかり着ちゃいました。 最近は「星野リゾート」を始め行楽地でもアーバンスタイルな施設が増え、「カフェ」「ピッザテリア」「地ビールバー」など今まで以上にクリーンなファッションが着てみたいと思える環境が整ってきました。 もちろんWIFI環境なども整っていますので「電子デバイス」もバリバリ使えるし、むしろ都会生活と変わらない環境で気持ちだけゆっくりリラックスできたら最高じゃないですか.... だから都会だけではなく、行楽地でも少しアーバンなスタイルを楽しみたい方などにおすすめです。 ちょっとしたお出かけも、事前に着ていくものが決まると不思議と旅先のイメージがたくさん湧いてきます。 普段行かないような場所も積極的にチャレンジしてみたり、あなたのプランが一段と豊かなものになるんです! 僕なんかも、こういうウェアー着ていると気持ちが洒落ちゃって.... 思わずパン屋巡りしながらバシャバシャスナップショット撮っちゃいました! 行楽地のカフェでまったりチルしながら自撮りしたり.... 夜は出歩かないでワインとチーズだけ買ってちょっとホテルで贅沢してみたり.... あえて行楽地でアーバンライクな行動をしてみる... 実際に行ってみて間違えなく充実した楽しい時間が過ごせました。 選ぶウェアーが変わるだけで気持ちも行動もドラスチックにチェンジしましたよ 今回おすすめするアイテムはそんなシーンに最適なセットアップウェアーです 【"MGO"デザインコンセプト】 😈新しい時代のウェアー😈 テーマは広義には、 「デジタルライフにマッチするセットアップウェアー!」 狭義には、 「アイフォンがマッチするウェアー」 固定概念に縛られない....新しい時代とマッチするアイテムを作りたかった😃 クラシックなマウンテンパーカーを固定概念に縛られず解体 今にマッチするよう再解釈する デジタルデバイススの質感にマッチするような表現に見直し デイリーユースできるマウンテンパーカーにアップデートする.... 最近、僕の身の回りは「電子デバイス」が急激に増えて もちろんスマホもそうだけど 夏の「クーラーファン」や冬に暖かい「ヒートウェアー」 それから喫煙用の「VAPE」や「JUUL」 そして「アイコス」もね😉 電子デバイスが増えた分、バッテリーもワイヤレス充電器の買い換えた! 「imuto」を使い続けてきたけど思いっきり「Charmast」ってメーカーにチェンジしてみた! そのデバイスデザインにも触発されちゃって.... それから、マイブームは今後爆発的に流行るであろうEV(電気自動車)まで波及しちゃって.... いよいよマイブームは収拾つかなくなる気配なので.... テスラなんかに手を伸ばしたら破産するな😅😅😅 それにしてもテスラ社の「サイバートラック」見ましたか 来年デリバリーになるテスラ社のピックアップトラックなんだけど....あれはマジヤバい😱 宇宙人が運転するようなトラックだ👽 しかもテスラ社は「テスラボット」という未来型ロボットまで開発してるからね👽 先日のテスラ社の技術発表イベント「AIデー」ではそのロボットがテスラ社屋の花に水をあげていたり、届いた荷物を担当社さんまで運んでいたり....😳😳😳 まさにイーロンマスクはアンビリーバブルな超人的エンジニアだ そんなこんなでMGO社長くん周辺は気がついたら「電子デバイス」が一気に増殖したんだ! しかも、カラーとかマテリアルの質感とかお気に入りデザインを厳選するから毎日がハッピーでアッパーマインドなんだ と同時にウェアーと調和させることが忙しくなってきた!! そんなことから必然的に「電子デバイスによりマッチするウェアー」 をテーマにデザインをアップデートしようと思ったんだ 作っちゃえばコーディネートが完璧になるからね😙 それにあたっては「マテリアル」と「リラックスフィット」にまつわるスペックを重視したいんだ その第一弾が今回のセットアップウェアーシリーズ そうそう、変に無理して気張ったデジタルライフじゃなくて なんか日常としてのデジタルが当たり前になってきた感じがするんだよね だから変化したライフスタイルにマッチするウェアーのあり方を見直した🤔 MGO社長君はこの流れは今後ますます加速するであろうと予測してるぞ! 昔はクラシカルなディティールにこだわったマウンテンパーカーを作っていたMGO社長君 今回はいい意味で、ひとつひとつ固定概念を解体して 今必要な要素を再構築してみたんだ! デザインとはある意味そのような作業でもあるんだよね 足したり引いたり..... そこに造形(ART)としての完成度を求めていく 「電子デバイス」にマッチするには..... 「アイフォン」を置いてみたり「JUUL」をポケットに入れてみたり... うんうん.... なんかいい感じだ.... 新しい質感のセットアップウェアーが完成しそうだぞ 今の気分にマッチする服を作って、自ら着てみたかった🤣 むしろこのセットアップウェアーはみなさんにも「電子デバイス」とコーディネートしてもらいたい!? ちなみに僕はシーズンごとにアイフォンケース自作して(スーパーカスタム!!)着せ替えています!! 【アイフォン、アップル、スティーブ・ジョブスとの出会い】 僕は、スティーブ・ジョブスがアップル社に戻ってくる少し前の90年代中盤にアップル製品をPCとして購入したんだけど.... 彼が亡くなるまでの長い間、彼のデザインに対するこだわりをずっとみてきた気がする.... だからもちろん「アイフォン」も初代から使ってきたし.... 「アイポッド」もヘビーユーザーだった (ちなみにその後アップル製品にはまってカワイイ「MAC CLASSIC」やスケルトンの「CUBE」も持っていた) ジョブスのデザインに対する世界と僕の世界はどこか根っこで共通項が多い... 今まで逆に恥ずかしくてジョブスのことはあまり話してこなっかった... アップルユーザーってカルト的な支持者が多くて... アメリカだと「MAC EXPO」の時にフィーバーするみたいな感じなんだけど... ちょっと一線引いてみてきた感じがする.... もちろん今となってはアップルはとてつもないモンスター会社になったけど.... 一番最初は1991年頃だったと思う、以前勤めていた会社の社長が本当に初期のMACを見せてくれて、白黒モニターの今で考えれば、ほぼ何もできないようなLO-FIな感じすらする「ザ・古典MAC」今ではお目にかかれないフロッピーディスクを使うやつです。 コンピュータというものが、なんなのかわからず、遠くから恐る恐る見ていたのが最初だったんだけど、社長が「マウス」というコレがすごいんだ...とか「ゴミ箱」「フォルダ」など今となっては当たり前の機能をスゴイんだ、と力説していたのを覚えている🙄😮😲 その当時はあくまでもちょっと気になったくらいの存在だった🙄 NIRVANAやレニークラヴィッツのライブにいく方が圧倒的に魅力的だった😁😁😁 それから4〜5年の時を経て MACを製造販売しているアップル社の社長スティーブ・ジョブス自体に興味が湧いてきて、なんとなく当時の社長や先輩がMACをスゴイいという感じがわかるような気がしたんだ... 僕にとってはジョブスが若い時に影響を受けてきたカウンターカルチャー自体に共感することが多く、そんな人が作るPCってどんなだろう.... 改まってそんなふうに感じたんだ 「ベイエリア(サンフランシスコ)」しいては「カリフォルニア州」は新しい価値観で自由に人生を考える人が多いユートピアな土壌だし.... そして彼はネオボヘミアンの感性を有するヒッピーカルチャーの申し子だしな.... 音楽フリークであり「東洋思想」や「禅」に興味を示し物質社会に異を唱えた、アメリカ人にとって最初のユニークな感性を有する「ヒッピー世代」なんだ 個人的に「ヒッピー世代」「X世代」「Z世代」は共通項があると思う 僕も音楽フリークでありワールドカルチャーに影響を受けバックパッカーをしてインドで東洋思想を体験してみたり..... 改まってジョブスのプロダクトを感じた時(昔はリンゴが虹色だったよ🌈)、フィーリングが似ていると思ったからジョブスが作るPCに徐々に興味を持ち始めたんだ。 そしてまだまだ高かったMACを1〜2年お金を貯めて27歳の頃ついにアップルユーザーになったんだ😃 ジョブスは人生にアート感覚を取り込み古い価値観を疑い、あらゆる新しいことにチャレンジする自由なマインドを持ち合わせた「ヒッピー世代」のカルチャー人なんだ。 そんなジョブスがプロダクトをプレゼンテーションする一大イベント 「MAC EXPO」はまさしく現代の 「ウッドストックフェスティバル(ヒッピー時代の伝説のART&MUSICフェスティバル)」というか.... テクノロジーとアートに未来を見出すApple社の製品発表イベントで その当時からPC業界にとってかなり異質な個性的なイベントだったんだ その「MAC EXPO」でのスティーブ・ジョブスのプレゼンテーション それこそがジョブスワールド 本来のアップルの姿だと思う カウンターカルチャーの申し子だったジョブスは学生時代にサンフランシスコでカレッジライフを過ごした。 世界から注目される流行の発信地だったからジョブスもトレンドにも敏感だったのは間違いない 若気の至りで少し周りの人より背伸びしてカッコつけて....目立ってみたかった....そんなジョブス流の色気もあったと思う もちろんアップル初期のジョブスの姿にはそんな傾向を見て取れる 「MAC EXPO」では常に予想のつかないサプライズが発表され鼻高々に自社製品を雄弁に語り....ちょっとヤンチャなジョブスさん! そんな側面がありながらも「MAC EXPO」のジョブスのプレゼンから伝わってくるコアアティテュードは -技術に対する探究と愛情 -デザインに対する探究と愛情 -アート(カルチャー)に対する探究と愛情 ジョブスは無我夢中に自身の世界にのめり込んで走り抜けていったんだろうね それはジョブスの目指すテクノロジーとアート(カルチャー)の融合なんだ と同時に世界を動かしていくこの壮大な実験にどれだけ悩んだことか..... 【ジョブスのの挑戦 固定概念からの脱却】 この挑戦にあたっては 世界からの「支持される」という事実がなければジョブスは単なるヤングなカウンターカルチャーの申し子で終わっていただろう そのことはジョブスが一番判っていただろう プレゼンをどんなに雄弁に語っても支持されなければ虚しさとたくさんの経済的ロスを生む 一見バエるプロダクトを生み出して、それを支持する黄色い声援に満足したかったのであれば すぐさまアイドルか平凡なロックスターに職業を変えた方が良かったはずだ だからジョブスはテクノロジーとアート(カルチャー)の融合に 全力注いだんだね この二つは融合するのが難しい そこに直面するとプロデューサー(デザイナー)は自己嫌悪に陥るんだ 「俺は表層のデザインに執着しすぎて.....意味のないものを作ってしまった...」 彼は作りたいデザイン画はたくさんあったと思うけど 機能美として理に叶うものは限られていたと思う 「デザインはいいけど機能がベストじゃない」 「機能はいいけどデザインがベストじゃない」 そんな押し問答の日々だったに違いない デザイナーは周囲から言われると辛い言葉がある 「見た目はいいけどで、中身がない」 最も辛辣な言葉だ もしこれで自己嫌悪に陥らなければ プロデューサー(デザイナー)としては偽物だと思う。 根本的に芸術性を追求して機能が最大化されることなどないと思っている。 二つを追って二つが究極の最大化を実現しているとすれば 自然の生み出す造形と同等の次元を達成したことになる 機能を最大化する事と芸術性の追求は同時進行できない 芸術性を最大化すれば機能はその中で再現し 機能を最大化すれば芸術性をその中で表現する 「機能」と「芸術性」は別の観点であり融合することのない創造なのだ スティーブ・ジョブスは融合することのない高みに挑戦して 高い次元で理想を擦り合わせ世界に注目されたプロダクターであり 人々を惹きつけることに成功した数少ない企業家でありデザイナーでもあるんだ 魅惑的なデザイナーというものは極めてサディスティックなエゴイズムに支配されているものだ 彼のデザインするプロダクトは地を這うように極めてストイック 研ぎ澄まされた感性から生まれるジョブスプロダクトは禅のように緻密で繊細だ 完成するまでに何度もプロトタイプを作り直し 陶芸家の作家の先生のように失敗作はガシャーンってなっちゃう そんなジョブスは、常に時代の先端をいくデザインを試みる そんな飽くなき追求に機能が追いつかず幾度となく泣いただろう 夢と現実の乖離を埋めるために幾度となく技術陣に激しく懇願しただろう 造形が芸術的でもテクノロジーとしての理由が満たされなければプロダクト革命にならない ジョブスの気持ちが痛いほどわかる 彼はテクノロジーだけではなく芸術的な造形の虜にもなってしまったフェチな宿命を持った経営者なのである 芸術家になった方が楽だったはずだ 側から見れば、ジョブスは変態フェチだ 僕がスティーブ・ジョブスを好きな理由だ ジョブスはきっと「好きなものに理由はない 好きだからだ」 なんだと思う ジョブスは生涯それを貫き通し、ここまで世界を変えてしまったんだ ジョブスは自分の見たものを信じ自身の理想を極限まで突き詰めた 禅の境地に何かを見出そうと京都の禅寺を訪れたり.... 真理とは何なのかと自問自答を繰り返し..... もはやジョブスの考えは奇跡の経営者でもあると同時に 一般的な理想の経営者とはかけ離れている.....とも言えると思うんだ ビジネスに相反するアートの世界をどうすればアップルという企業は共存し世界にその存在を示せるのか..... 事実、その当時スティーブ・ジョブスはビジネスの成果を上げるために元ペプシ社の社長ジョンスカリーを招聘し新たにアップル社のCEOに据えた。 しかしそれは結果、本末転倒な愚策だった。 雇った新社長とケミストリーできず最終的に対立し、強引な役員決定会議でジョブスは社外に追い出されている。 ジョブスにとっては、まさかまさかのトホホな痛い話である スカリーはその後社内を整理しセールスを合理的に進めた結果 アップルは従来売りであった魅力的プロダクトは影を潜め他社との差別化が難しくなっていった。 なんとも皮肉な話である アップルを去ったジョブスはひとり切なく社外で自身が描く未来を信じ新会社「ネクサス」を設立してジョブスワールドを模索し続けていた。  その後スカリー率いるアップルは長期的な業績不振から回復の目処がたたず、役員会の中でなんと、追放したはずのジョブス復帰待望論が持ち上がることになるんだ..... 何とも複雑な心中でありながらジョブスは暫定CEOとして復活する 復活を象徴する彼の秘策は「iシリーズ構想」 その後のアップルにとてつもない繁栄をもたらす要因となったアメリカ史に残るメガストーリーである。 その時の「MAC EXPO」でジョブスは不死鳥のように蘇ったのである ひとたび「MAC EXPO」のステージにジョブスが上がると まるでロックスターが登場したかのような黄色い声援に包まれる... 昔のジョブスなら鼻高々にそのことに酔えたかもしれない ジョブス自身は一度死んだも当然である 同じ過ちは繰り返さない ジョブスが自問自答の末見つけた新しいチャンス ジョブスは自身のイメージする美学をテクノロジーと同時に進化させていくことに全てを費やした ジョブスがいなければ技術は進化しても 芸術性は進化しなかった可能性がある 要するにジョブスがこのような価値観を広めていなければ デジタル社会はより味気なく冷酷な世界になっていたかもしれない ジョブスがいた事で豊かな芸術的感性を後世に引き継げるようになった気がする ボヘミアンな芸術価値 そしてヒッピー精神ならではのオーガニックな質感 デジタル社会に芸術性を根付かせた まさしくジョブス最大の功績だ 技術の進化は淡々とやってくるけど 心豊かな人間的感性は簡単に育めない 意外とこの事実は見落とされていると思う。 固定概念からブレークスルーする姿勢 アートを人生設計の中に組み込むあたりが ヒッピー野郎ジョブスだな X世代の僕も同感だ 彼の存在がデジタル世界を豊かにしたのは間違いない ジョブスはパーソナルコンピュータのあり方を変革し その後のデジタル世界の歩みを変えることに成功した 気がつけば長い間ジョブスのプロダクトを愛用している 今となっては僕の生活においてはなくてはならない特別な存在だ これからのデジタル世界の中でもジョブスの芸術性は生きていくだろう だから、「アイフォンのあるライフシーンにマッチするウェアー」を作ってみようと思ったんだ ウェアープロダクトとジョブスワールドは間違いなく相性が良いと思う あくまでも個人的な思いなんだけどね ジョブスの描いた世界を背景にウェアーを作るなんて最高だよね たぶん、こういうテーマは今後もしていくと思う 僕ことMGOはプロダクトフェチなデザイナーなんです😅 ATTITUDE OF AGENDER ART LIFE ARCHITECT AFYF WEAR FOR DEGITAL DEVICE 【AFYFとは】 "rovtski"ブランドの新レーベル"AFYF"は2018年に私 "MGO"が「新たな時代に向け、新しい価値を創造する」とマニフェストしレーベル設立しました。 それは一人のデザイナーの世界観を2極化する新たな実験 "MGO"のイノセントな空気をアート創作した「静の"rovtski"」 "MGO"のアグレッシブなアティテュードを創作した「動の"AFYF"」 "MGO"は人間の相反する2面性欲求を肯定的に表現し、現実を受け入れアグレッシブにプレジャーする..... 「自己愛としての服」「自己表現としての服」 2020年代は色々な生き方がある、選択は自由だ! 新しい時代の価値は「新しいフィロソフィー」「新しいメンタリティー」から生まれる。 "AFYF"は新しい時代を創造する"rovtski"の新たな実験場だ 【カラー】 #92 CODGRN 【このプロダクトの別カラーはこちら】 #1 150D BK #9 PONTI BK FREEサイズ [身幅] 68cm [肩幅] 71cm [着丈] 88cm [袖丈] 58cm 【主原材料 マテリアル】 表地 レーヨン68%, アクリル27%, ポリウレタン5%, 別布1 コットン71%, ポリエステル29%, 別布2 コットン90%, ポリエステル10%,

セール中のアイテム